いつ抜歯するのか?|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

いつ抜歯するのか?

投稿日:2019年8月1日

カテゴリ:院長ブログ

歯が、どうなったら抜歯になるのでしょう?

いわゆる、「抜歯基準」です。

 

痛くなったら?

ぐらぐらしてきたら?

かぶせ物が取れたら?

割れたら?

 

抜歯基準は、歯科医師の考え方や技量にによってもかなり変わります。

もちろん患者さんの考え方にも左右されます。

例えば、がん治療も似たようなところがあると思います。

切除するのか、温存するのか、いくつもの考え方があり、統一はできません。

 

「絶対に歯を抜かない!」

というと、聞こえはいいかもしれませんが、

その歯を残しておくことで、感染が全身に広がっていく可能性もあります。

副鼻腔炎、心内膜症、心筋梗塞、脳梗塞、敗血症、などなど。

感染を取り除けなくなった歯は、もはや自分のモノではありません。

それは細菌に占領されてしまった「異物」であり、

無理やり残しておくことは、

「毒のとげがずっと身体に刺さったままの状態」

と言えます。

 

歯を残すことにこだわる、極力残すことに最善を尽くしますが、

その結果、母体である全身に悪影響を及ぼすとしたら、本末転倒ですので、

「最善を尽くすこと」 と 「見切りをつけること」 

両方とも、とても大事ですね。

 

 

 

 

トップへ戻る