お問い合わせはこちらまで

お電話

03-3425-4182

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

予防歯科

敵を知り、己を知れば・・・

歯の健康を脅かす敵、それはずばり、「細菌」と「咬む力」、この二つです。
虫歯と歯周病は、細菌感染症なので、口の中の細菌をいかに減らしておくか、ということに尽きます。
また、歯が割れる・折れる原因は、歯ぎしりや食いしばりなど、自分の咬む力によって引き起こされます。
細菌と咬みあわせのコントロールが、予防において重要なキーワードです。

攻撃は最大の防御!?

予防、つまり防御をするには、何かあってから対応するのではなく、こちらから積極的に取り組むことが大切です。
生活習慣を見直し、毎日のブラッシング、ナイトガード使用、定期健診とクリーニングを行う、です。
ひとつづつ見ていきましょう。

生活習慣の改善

とにかく間食を減らすことです。特に甘いものは要注意です。
どんなに歯磨きをしても、口の中に食べ物がある時間が長いほど、細菌はどんどん繁殖します。
甘いものは食後のデザートとしていただきましょう。

毎日のブラッシング

歯ブラシは当たり前となっていますが、デンタルフロスはまだ浸透していないようです。
虫歯と歯周病の8割以上が、歯と歯の間に発生するので、フロスは必ず使用しましょう。
歯ブラシよりも優先順位が高いくらいです。

ナイトガードを使用する

9割以上の人間が、寝ている間に歯ぎしりをしていると言われています。自分で止めることはできません。
歯ぎしりの力はかなり強く、知らないうちに自分の歯を破壊することさえあるのです。
これを唯一予防できるのがナイトガードです。

定期健診とクリーニングを行う

定期的、とは、3ヶ月に1回、が目安です。
どんなにうまく歯を磨いていても、細菌は増えていきます。3ヶ月に1回クリーニングを行うことで、増殖率が減ることが実証されています。
また、虫歯や歯周病を早期発見することができるので、治療が必要になっても最小限で抑えることができます。

予防のメリット

何かあって治療にだけ通う人と、何もなくても定期的に通う人を比べると、前者の方が、歯がなくなっていき、お金もかかる、というデータがあります。
積極的に取り組むことで、実は安上がりで歯も健康で、楽しくおいしいものを食べられる人生が待っているのです。

PAGE TOP