お問い合わせはこちらまで

お電話

03-3425-4182

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

インプラント

インプラント

インプラントとは虫歯や歯周病、事故などで失ってしまった歯の代わりとなる、チタン製の人工歯根のことです。
インプラント治療とは、このインプラントをあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定することで自分自身の歯と変わらない見た目と機能を回復させる治療方法です。

インプラントを骨につけるのは簡単ですが、永く機能していくのは大変難しいです。
当院では時間を十二分にとって、静かに集中して治療に取り組ませていただいております。

料金表はこちら

症例紹介

症例1 50代男性 治療期間4ヶ月 治療費用370,000円(税別)

主訴・症状

  • 右下の歯をつくりたい

治療ポイント

  • 数年前に抜歯となった後、放置していた状態です。
  • ブリッジ、もしくはインプラントの選択肢の中で患者さんとしっかりと相談したところ、手前の歯は健康で手付かずであったため、削らずに済むインプラントを選択しました。
  • 下歯槽神経損傷を回避するため、CT撮影による精査。
  • 右下第二小臼歯部にインプラント1本埋入。4ヵ月後にセラミック歯で補綴。

症例2 50代男性 治療期間6ヶ月 治療費用740,000円(税別)

主訴・症状

  • 左上の奥歯が痛い
  • 長年治療しているが一向に良くならない

治療ポイント

  • 左上の小臼歯、大臼歯の根の周辺に膿が溜まっており、頭痛が広がっていく感覚があったため、相談の上でまず抜歯を行いました。
  • 抜歯後は「長年の憑き物が取れたような感覚」とのことでした。
  • 上顎洞貫通を回避するため、CT撮影による精査。
  • 約3ヶ月の治癒期間をあけ、左上第二小臼歯、第一大臼歯部にインプラント2本埋入。6ヵ月後にセラミック歯で補綴。

症例3 60代女性 治療期間7ヶ月 治療費用1,150,000円(税別)

主訴・症状

  • 奥歯で咬めるようになりたい

治療ポイント

  • 入れ歯かインプラントを検討して頂き、入れ歯よりも咬む力や感触を取り戻すため、インプラントを選択しました。
  • 右側は1本、左側は3本分の歯がありますが、2本埋入させブリッジタイプにしました。
  • 下歯槽神経損傷を回避するため、CT撮影による精査。
  • 右下第一大臼歯、左下第一、二大臼歯抜歯。3ヵ月後にインプラント埋入。4ヵ月後にセラミック歯で補綴。
  • 咬む力を回復したことにより口の周りがすっきりし、食事も楽しくよく食べるようになったとのことです。

PAGE TOP