脱灰と楔状欠損|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

脱灰と楔状欠損

投稿日:2019年4月26日

カテゴリ:スタッフブログ

今日のクリーニングです。

上の前歯と奥歯の表側です。どちらも根元に多くプラークがたまっていました。

クリーニングを行い、プラークを取り除きましたが、

前歯は白くまだらな色が残っています。

これは脱灰といって、むし歯菌が作り出す酸によって歯のミネラル分が溶けだし、

むし歯になりかかっている状態です。

丁寧に歯ブラシをかけてプラークを取り除いたり、甘いものを控えたりして再石灰化を促すことで、

自然治癒する場合もありますが、

放っておくと穴が空いてきてむし歯となり、

治療しなくてはいけなくなってしまうので注意が必要ですね。

こちらの方はとても綺麗に磨けていたのですが、

逆に歯ブラシを強くかけすぎて歯の根元が削れてしまっていました

中には歯ぐきが傷ついている部分も…

これは楔状欠損、歯肉退縮の状態で、

削れた分中の神経に近くなり、冷たいものがしみるなど、

知覚過敏の症状が出ることがあります。

特に奥歯の表側に発生しやすいので、

力は入れ過ぎず軽く歯ブラシを当て、丁寧に磨くように意識すると良いですね!

世田谷区・千歳船橋で予防歯科をお探しの方は、千歳船橋歯科までご相談ください。

当院では、歯科衛生士がマンツーマンで予防歯科を行っております。

皆様のご来院をお待ちしております。

トップへ戻る