むし歯の始まり 脱灰と再石灰化|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

むし歯の始まり 脱灰と再石灰化

投稿日:2019年6月28日

カテゴリ:スタッフブログ

本日のクリーニングです。

歯の表面が脱灰し、汚れがついていました。

歯に汚れではないのに白っぽく、薄い茶色っぽくなっている所は、ありませんか?

それはむし歯のはじまり、脱灰です。

脱灰とは?簡単に言うと、歯の表面からミネラル分が溶けだす状態です。

ミネラル分が溶けだした歯の表面はひどくなると白く濁り、光沢を失います。

この時は初期むし歯と呼ばれていて、まだ削って治療しなくてもいい段階といわれています。

ですが、脱灰の状態が長く続くと、初期のむし歯から穴があくむし歯になってしまいます。

なので初期のむし歯のうちに対策を行うことをおすすめします。 

初期むし歯を修復することを再石灰化といいます。

お口の中の環境を整え、歯が元の健康な状態に戻るようにすることが大切です。

自身で行うハミガキや毎日のケア、歯科医院でのケアで再石灰化を促せば、修復が可能です。

自分で行うケア

・ハミガキやフロスの使用でむし歯菌を減らす。

・食生活の改善。砂糖の多い飲食物を減らす

・不規則にだらだら食事をしない。

・フッ素入りのハミガキ剤を使用する。

・よく咬んで食べる。

・ポスカ、リカルデント配合のガムやペーストを使用する。

歯科医院でのケア

・毎日のハミガキでとれない、汚れやむし歯菌を専用の器具やペースト使用して除去します。

・お口の状態に合わせて、ハブラシやフロス、タフトブラシなどの使用方法をアドバイスします。

自分で行うケア、歯科医院でのケアどちらも欠かすことができません。

初期のむし歯がある場合は歯科医院で定期的に進行状態を確認し、

ハミガキやフロスなどのお手入れが上手くできているかどうか確認する事が大切です。

世田谷区・千歳船橋歯科で予防歯科をご希望の方は、ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る