フッ素塗布は体に影響がないか?|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

フッ素塗布は体に影響がないか?

投稿日:2020年6月24日

カテゴリ:スタッフブログ

「フッ素塗布は体に影響がないか?」

 


結論から言うと、歯科医院でう蝕予防として使う分には危険性はありません。

ただし、フッ素は取りすぎると、中毒が出ることがあります。


中毒には急性中毒慢性中毒があります。


急性中毒

体重1kgあたり2mg以上摂取すると、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢の症状が現れます。

もちろん歯科医院で使用しているフッ素入りの歯磨剤では中毒になることはありませんが、

小児のお子様に使用する際は、過量にならないよう、気をつけています。


慢性中毒

日本では極めて稀ですが、外国では水道水にフッ素が含まれていることがあります。

1.0ppmF以上のフッ化物を含む飲料水や水道水を長期間使用し続けると、

歯のフッ素症という歯に白い斑点がついたような状態になることがあります。


最近では、高濃度のフッ化物配合歯磨剤が販売されていますが、

6歳未満の子供には使用を控えるよう注意書きが書いてあります。

お子様が大人のものを一緒に使用するのは控えましょう。

 

 

世田谷区・千歳船橋で小児歯科・小児矯正をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る