初めてのクリーニングと歯周病について|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

初めてのクリーニングと歯周病について

投稿日:2020年4月19日

カテゴリ:スタッフブログ

今日のクリーニングです。

治療が落ち着き、一度クリーニングをしましょうということになり

クリーニングするのは初めてという患者さんでした。

 

 

全体的に根元や歯と歯の間にプラークが多く歯石もついていて、歯ぐきが腫れていました。

特に下の前歯は、歯と歯の間のすき間が歯石で埋まっているような状態でした。

 

 

クリーニング後はたまっていた歯石やプラークがなくなり、だいぶスッキリとしました。

歯ぐきが腫れているため出血していますが、徐々に腫れが引き落ち着いてきます。

 

以前「歯石のでき方」という記事で挙げられていましたが、

下の前歯の写真の間についている黄色っぽいものが歯肉縁上歯石」

奥歯の写真の根元についている黒っぽいものが「歯肉縁下歯石」です。

 

歯ブラシやフロスの仕方が不十分で、プラークがずっと残っていると

唾液中のカルシウムなどによって石灰化して歯石になり、歯の表面にこびりついてしまいます。

 

歯石になってしまうと、歯ブラシでは取ることができませんので、

歯科医院でのクリーニングが必要になります。

 

特に歯肉縁下歯石をそのままにしていると、

ザラザラした表面にさらにプラークがたまりやすくなり、歯ぐきの中に歯周病菌が住み着いて

歯ぐきが腫れたり退縮してしまいます。

 

さらに放っておくと、歯を支えている骨を壊し、歯周病となってしまいます。

 

しかし、その過程で痛みがあまりないため、

歯周病が重度まで進行し歯がぐらぐらしてくるまで気付かない、ということもあります。

 

そうなってしまうと、元の状態に戻すことは困難ですので

毎日の丁寧な歯みがきやフロスでプラークをしっかり除去し、

定期的なクリーニングで歯石を除去して、歯周病になる前に予防することがとても大切です。

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニング、歯科検診をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る