歯を抜けたまま放置すると・・・|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

歯を抜けたまま放置すると・・・

投稿日:2020年7月8日

カテゴリ:スタッフブログ

一本でも歯を失うと、時間の経過によって

両隣の歯が倒れたり

かみ合っていた反対側の歯が伸びてきたりして

歯並びやかみ合わせが悪くなってしまいます。

 

歯並びやかみ合わせが悪くなると、

上手に物をかめなくなり、食事に不便が生じたり、

食べかすが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。

また、かみ合わせが悪化してしまうと、肩や顎の痛みや頭痛を引き起こすこともあります。

 

抜けたところに対しては

以下のような選択肢があります。

 

①ブリッジ

 前後に歯が残っている場合に適応される治療法です。

 前後の歯を削って、抜けたところを橋のように支える固定性の被せ物です。

 比較的早く治療は終わりますが、

 前後の健康な歯を削る必要があり、支える歯の負担も大きくなります

 

②入れ歯

 歯にバネをかけて抜けたところを補う、取り外し可能な治療法です。

 ブリッジとは異なり、歯を大きく削る必要はありません

 入れ歯も比較的早く治療は終わりますが

 管理の煩わしさや、かむ力が弱いことがデメリットとしてあげられます。

 

③インプラント

 顎の骨にインプラントを埋めてそれを支えとして歯を被せる治療法です。

 ブリッジのように健康な歯を削る必要はなく

 残っている歯に負担をかけることはありません

 取り外しの必要はなく、よくかめます

 ただし、治療期間が長くなるのと、保険外の治療になるため、費用がかかります。

 

 

抜けてから時間が長くなればなるほど

治療がより難しくなったり治療の期間が長くなることがあります。

そうなる前に、早めに相談にいらしてください。

 

世田谷区・千歳船橋で、歯周病治療をご検討の方は、ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る