フッ素とインプラント|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

フッ素とインプラント

投稿日:2019年11月30日

カテゴリ:スタッフブログ

「フッ素はインプラントを腐食させるか?」

虫歯の予防に最適なフッ素ですが、

「インプラントが入っている患者さんは使用してはいけない」

のでしょうか?

一説では、低濃度のフッ化物であっても、

細菌の出す水素イオンと結合しフッ化水素酸が生成されるため、

「インプラントの表面の腐食を引き起こす」と言われていました。

しかしながら、最近の研究では

市販されている「1500ppm以下のフッ化物」であれば

口腔内のだ液によって中和されるため、残留フッ素濃度を下げることができ、

インプラントにはそこまで影響が出ないこと」がわかっています。

「インプラントが入っていても」、他の天然歯を守るために、

フッ素を使用した方が良い」ということです。

ただし、「だ液の量が極端に少ない方」

9000ppmなどの高濃度のフッ化物を局所に使用する場合」には注意が必要です。

世田谷区・千歳船橋でインプラント治療をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る