歯科用CTでわかること|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

歯科用CTでわかること

投稿日:2020年2月21日

カテゴリ:スタッフブログ

CTは硬組織つまり歯や骨をみる撮影法です。

初診時に撮影するパノラマ(広範囲のもの)や

治療中や診断のために用いるデンタル(部分的なもの)などのエックス線は「2次元」の画像であり

構造物の前後的な位置関係や病変の細部までを理解するのは困難なことがあります。


歯科用CTは口腔領域に特化した「3次元的」な撮影法で

通常のエックス線画像ではわからない情報を得ることができます。

主に「歯の破折や歯の根の治療時、親知らずの位置関係、インプラント治療の術前診査」

用います。

 


年間の検査における被曝線量は1.0mSvとされており、

歯科用CTにおける被曝量(実効線量)は0.05~0.5mSv

医科用CTで1~10mSv、パノラマで0.01mSv

デンタルで0.005mSvと言われています。

 


CTは医療機関によってもばらつきがあります。

撮影における「正当な理由付け」「最適な防御」を行った上で撮影を行なっています。

 


世田谷区・千歳船橋でインプラント治療をご希望の方は、ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る