メインテナンスの重要性|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

メインテナンスの重要性

投稿日:2020年1月25日

カテゴリ:スタッフブログ

 

 

アメリカの2002年の論文で定期的なメインテナンスを受けている患者さんを30年間追跡し、

その結果をまとめた論文があります。

 

最初の2年は2ヶ月に1回、3-6年の間は3ヶ月に一回の頻度で

衛生士によるプラークコントロールの方法や歯磨き指導、フッ素洗口、

専門的な機械的歯面清掃などを行い、

3、6、15、30年後に再評価を行いました。

 

定期的なメインテナンスで、徹底的なプラークコントロールを行った51~65歳のグループは

1972年時点で51~65歳のグループより、2002年の時点で「大臼歯の残存」が多かったそうです。

 

定期的なプラークコントロールは

う蝕や歯周炎の発症を予防でき、長期的には歯の保存に大きく影響する」と言えます。

 

千歳船橋歯科でも、患者さんに応じたメインテナンス期間を設けて、

治療後も患者さんの経過を確認するようにしています。

 

当院の患者さんとも、ぜひ長期的なお付き合いが出来たらと考えております。

 

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニング、歯科検診をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る