どうしても磨き残してしまう・・・|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

どうしても磨き残してしまう・・・

投稿日:2020年1月18日

カテゴリ:スタッフブログ

歯並びが前後している部分に歯石がついていました。

歯並びがデコボコしている部分に磨き残しがありました。

抜けたままになっている銀歯に汚れがついていました。

毎日丁寧にハブラシをしているのに、どうしても磨き残してしまうところはありませんか?

一生懸命汚れを落とそうとして歯茎を傷つけてしまうことはありませんか?



そんな方は,ハブラシ後に毛先が細いワンタフトブラシの使用をおすすめします。


ワンタフトブラシは毛先を細かく動かすようにして使います。

細かく振動させることにより、汚れを毛先の奥へ吸い上げます。


また歯と歯の間、歯茎の境目、前歯の裏側、歯並びのよくない部分、

生えかけの歯、インプラントやブリッジ部分、

このような磨きにくいところには、ワンタフトブラシが大活躍です。


この他にも、お子さんの仕上げ磨きに使用するのも効果的です。

子供の歯は小さく、生えかわり時期のハミガキはとても難しいです。

ワンタフトブラシは小回りがききヘッドも小さい為、

お口の小さいお子さんの奥歯にも届きやすいです。

生えてきた背の低い大人の歯、ハブラシが当てにくい奥の歯の内側部分にも有効です。



最近のワンタフトブラシは、

毛先の固さや形状など磨く箇所によって使いわけられるアイテムが増えてきました。


定期的なクリーニングでは、一人ひとりに合ったワンタフトブラシの使用方法や

選び方をアドバイスさせていただきます。

ワンタフトブラシ、試してみませんか?

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニング、歯科検診をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る