歯が原因ではない歯の痛み|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

歯が原因ではない歯の痛み

投稿日:2019年8月14日

カテゴリ:院長ブログ

歯が痛い!

でも歯や歯茎には問題がない!

 

ということが時々あります。

 

代表的なものに、三叉神経痛 があります。

 

過去、私が遭遇したことがある患者さんは4名、年齢は40~60代の女性でした。

 

全員に共通していたのは、

「急に、眠れないくらいに歯が痛い。」

ということで来院され、レントゲン等の診査を行っても、特に異常なし。

古い銀の詰め物があって、中にむし歯ができているかもしれない、

ということで除去してみると、確かにむし歯はありましたが、

激しい痛みが出るほどのむし歯ではなかった。

そしてその後も痛みは毎日続く、という状況でした。

 

通常、強い自発痛がある場合は、

むし歯が神経に達していたり、歯が折れていたり、

根の先や周辺に膿がたまっていることがほとんどなので、

診査をしてもわからない、まして治療してもわからない、

ということはほとんどありえません。

 

そこで、三叉神経痛を疑い、脳神経外科、内科の受診をおすすめし、

受診したところ、三叉神経痛だった、ということでした。

 

痛みが続くからといって歯の神経を取ったり、果ては抜歯をしても、

その痛みは変わらなかったと思うと、慎重な判断が必要であることを実感しました。

 

 

トップへ戻る