酸性 歯 ざらざら|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

マイクロスコープによる精密治療対応

予約優先制急患の方はまずご連絡ください

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

酸性 歯 ざらざら

投稿日:2019年9月25日

カテゴリ:スタッフブログ

今日のクリーニングです。

3ヶ月ごとにクリーニングに来ている方ですが、

上下の前歯の表側・裏側にかなりステインがついていました。

紅茶やジャスミン茶をよく飲んでいるそうです。

また、スポーツドリンクや甘いものをよく飲食するそうで、

全体的にうっすら白っぽく白濁している状態でした。

紅茶やお茶に含まれるタンニンは、食器に茶渋がついてしまうように歯も着色させてしまいます。

なかでも紅茶は特にタンニンが多く、ステインがつきやすくなります。

他にも着色をおこしやすいものとして、

コーヒー・赤ワイン・チョコレート・カレー・タバコなどが挙げられます。

また直接の原因にはなりにくいですが、着色がつくのを助けてしまうものもあります。

炭酸飲料・スポーツドリンク・白ワイン・柑橘系の飲食物・お酢など、

酸性度が高いものは

酸に弱い歯の表面のエナメル質を溶かして脱灰を促してしまい、

白濁し荒れてザラついた状態になるため

より着色がつきやすくなってしまいます。

一度ステインがついてしまうと、歯みがきで除去するのは難しく

特に表側など見えやすい部分についてしまうと、見た目も気になってしまいます。

できればこまめに歯みがきをしたり、難しければ口をお水でゆすいだりすることで、

色素が歯に留まる時間を短くする事ができ、多少着色がつきにくくなりますので

上記のものをよく口にされる方は、ぜひ気をつけてみてください。

既についてしまった着色は、歯科医院で除去すると綺麗に取れるのでおすすめです!

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニングをご希望の方は、ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る