妊婦さんの歯科治療|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

妊婦さんの歯科治療

投稿日:2020年10月2日

カテゴリ:スタッフブログ

 

 

以前の記事で、妊婦さんのお口の状態についてお話しました。

 

妊婦さんが治療が必要となったとき、多くの方が気にされるのが

レントゲン撮影や麻酔、服薬の影響です。

 

まずレントゲン撮影についてです。

 

レントゲンの画像からは

治療を行うためのたくさんの情報を得ることができます。

歯科では、最初に全体のレントゲンをとります。

このレントゲンは1回で約0.3mSvです。

 

さらに部分的な画像が必要な場合には

小さいレントゲンを撮ることもあります。

これは1枚約0.01mSvです。

 

1年間に浴びる自然放射線量がおよそ1.5mSvなので

それと比較すると、ごくわずかであると言えます。

また、被曝から防御するエプロンをして、撮影をすることで

お腹の赤ちゃんへの影響はほぼゼロになります。

 

次に、麻酔についてです。

歯科で行う局所麻酔は、妊婦さんにはほぼ影響はないと言われています。

また、赤ちゃんにも影響はありません

むしろ、虫歯などの歯の痛みを我慢する方がストレスがかかるため

悪影響であると言われています。

 

麻酔薬に含まれる成分によっては、子宮の収縮作用があるものがあるので、

該当する麻酔薬は使用しないように注意をしていきます。

 

最後に、服薬についてです。

妊婦さんがお薬を飲むには、その期間が重要になります。

赤ちゃんの臓器ができるのはおよそ15週までと言われていますので、

その期間までは服薬を控えます

もしお薬を飲んで頂く必要がある場合には、

それ以降に、できるだけ危険のないお薬を選択します。

 

歯科治療に適した期間は、安定期(16~27週)と言われています。

この期間であれば、通常の歯科治療ができます

 

最初に来院された際には、妊娠期間やつわりの有無などを

歯科医師や衛生士に伝えてください。

産婦人科の先生に相談する必要があれば

かかりつけの病院をお伺いすることもあります。

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニング、歯科検診をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る