入れ歯のバネをかける歯の虫歯のリスク|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

入れ歯のバネをかける歯の虫歯のリスク

投稿日:2020年11月10日

カテゴリ:スタッフブログ

歯がなくなったところを補う、ブリッジや入れ歯。
前回はブリッジの虫歯のリスクについてお話ししました。

ブリッジに対して、
取り外しができるのが入れ歯のメリットであります。
しかしながら、このようなデータがあります。

 

少し古いですが、アメリカで1982年に
137人の1320本の歯を5年間調査した研究によると
入れ歯のバネをかける歯は、

かけていない歯に比べて、2倍虫歯にかかる確率が高かったというデータです。

また、2000年に中国で発表された論文でも
部分入れ歯を使っている患者さんを対象にした研究において
実験期間の5-6年間で
入れ歯と接触している歯の8.5%で新たな虫歯が認められた

というデータがあります。

 

入れ歯のバネをかける歯が虫歯になりやすいと言われる原因は…

入れ歯を装着することによって
だ液などによるお口の自浄作用が不良になること

入れ歯の使用や着脱によって
バネをかけている歯のエナメル質を摩耗してしまうこと

によるものだと言われています。

 

また、歯の根が露出した歯は虫歯になりやすいため、
そのような原因も複合的に起こっていると考えられます。

ご自身の歯を一本でも多く守るために、
入れ歯をかける歯の虫歯は特に注意していきたいですね。

 

世田谷区・千歳船橋で歯のクリーニング、歯科検診をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科へお越しください。

トップへ戻る