デンタルフロスを使いましょう|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

デンタルフロスを使いましょう

投稿日:2019年7月10日

カテゴリ:スタッフブログ

今日のクリーニングです。

外側は綺麗に磨けていましたが、下の奥歯の内側の根元には多く磨き残しがあり、

上の奥歯の間には歯石がついていました。

どちらも奥歯なので掃除がしづらく、プラークがたまりやすい部分です。

ですが、プラークが残ったままだとむし歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

プラークを落とすには、この部分にしっかり歯ブラシを当てることが大切です。

できれば鏡を見ながら、舌をしっかりよけて、

歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先が当たっているか確認しながら

一本一本丁寧に磨くと良いと思います。

歯ぐきが腫れている場合、少し痛かったり出血することがありますが、

続けているとプラークが除去できるようになり、

だんだん歯ぐきの腫れが引いて出血もなくなってくるので、根気よく続けてみてください。

また、歯と歯の間の清掃にはデンタルフロスが必要不可欠です。

この方は前歯はフロスを通していて、奥歯には通していなかったそうです。

すると奥歯にはプラークが何日も残ったままになってしまい、

むし歯や歯周病につながっていくので、一番奥までしっかり通すようにした方が良いです。

フロスで奥まで通すのが難しいと感じるようでしたら、

糸ようじのような、糸が張ってあるホルダータイプ(Y字型)がとても使いやすいので

自分に合った形態のものを選んで使うようにすると良いですね。

世田谷区・千歳船橋でPMTC、クリーニングをご希望の方は、ぜひ千歳船橋歯科へお越しください

トップへ戻る