歯のひび割れ・・・意外と多い抜歯の原因 ①|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

診療日変更のお知らせ

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

歯のひび割れ・・・意外と多い抜歯の原因 ①

歯が痛いのに、「特に問題ない。」と診断を受けることがあります。

本当に問題ないこともありますが、考えられる原因がいくつかあり、

そのひとつが、「歯のひび割れ」、です。

マイクロクラック、ともいいます。

 

これは見た目にはほとんどわからないことが多く、

また、レントゲン写真にもほぼ反映されないものなので、

原因不明とされてしまうことも少なくありません。

 

しかし、マイクロスコープを使用して診査をしたり、

実際に治療を始めてみると、この「歯のひび割れ」は、それなりに多いことがわかります。

 

以下、いくつかの実例をご紹介します。

 

①52歳 男性 主訴:奥歯が痛くてかめない

右下の一番奥の歯に痛みがあるとのことで、レントゲン写真を撮りました。

歯の根の先の周辺に、黒いもやのような影がうつり、

根の先に膿が溜まっている状態、いわゆる根尖病巣があることがわかります。

しかし、神経に達するほどのむし歯はないように見えます。

 

実際に歯を見てみると、

歯肉が腫れ、少し押すだけで膿が溢れてきます。

歯には古くなった樹脂の詰め物が入っています。

 

古い樹脂を取り除くと、その下にむし歯が広がっていました。

 

むし歯を取りきったところ、神経まで届くようなむし歯ではありませんでした。

しかし、はっきりと「歯のひび割れ」が確認できました。

 

さらに、このひび割れを追求していくと、

歯の神経を超えて歯根の方まで達していることがわかります。

 

振り返って考えてみると、

古い樹脂の詰め物の下にむし歯ができていたが、神経まで達する深さではなかった。

しかし、明らかな「歯のひび割れ」が、神経に達し、損傷させたことで、

神経が死んでしまい、根の先に膿が溜まって腫れた。

ということになります。

 

いわゆる「歯根破折」という状態なので、

基本的には抜歯と診断されることが多く、抜歯原因も第3位とされています。

しかし、この症例の場合はまず根管治療を行い、なるべく歯を残すことを試すことになります。

 

世田谷区・千歳船橋でマイクロスコープによる根管治療をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科にお越しください。

トップへ戻る