歯茎がはれている・・・歯内-歯周病変|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

新型コロナウィルス対策について

抜かない治療

ネット予約リクエスト

予約優先制マイクロスコープ精密治療対応

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

歯茎がはれている・・・歯内-歯周病変

20代男性、

左下奥の歯茎の腫れを訴え、当院を来院されました。

レントゲンを撮影すると歯の根の周りに影を認め、

診査をすると、歯の後ろ側の歯周ポケットが深く、歯の神経は死んでしまっていました。

神経の治療歴はなく、歯が割れているようなヒビは認めませんでした。

虫歯が原因で菌が侵入し、神経が感染を起こすことが頻度としては多いですが、

歯周ポケットから侵入した細菌が、神経を感染させることがあります。

これを歯内-歯周病変と言います。

今回の場合は、もともと、この歯の直後に横向きの親知らずが生えており、

抜歯をしてからも、歯周ポケットが深い状態だったため、

ポケットから入り込んだ細菌が根の先の神経を侵してしまったという状態でした。

この場合、まず神経の治療を始めてから、歯周病の治療が必要です。

CTとマイクロスコープで根の形を確認しながら、拡大していきました。

歯周病の治療も行いながら、

歯茎の腫れが引いたのを確認した上で、根の中を材料で埋めていきます。

根の治療が終わり、

数週間後に、ファイバーの土台を入れて型どりをしました。

かぶせ物をした直後の様子です。

この場合、以後の歯周病の管理ができていないと、再発する可能性があります。

定期的なチェックと歯周ポケットのお掃除が必要です。

世田谷区・千歳船橋でマイクロスコープによる根管治療をご希望の方は、

ぜひ千歳船橋歯科にお越しください。

この治療の期間 2ヶ月
この治療の回数 6回
この治療の費用

マイクロスコープ根管治療 大臼歯1本 88,000円(税込) 

ファイバーコア 大臼歯1本 22,000円(税込)

e-maxクラウン1本 121,000円(税込)

この治療のリスク

根管治療後、再発の可能性もあります。

セラミック治療後、歯ぎしりや食いしばりが強い場合、

歯が割れることがあります。

対策として、就寝時のナイトガード装着を推奨しています。

トップへ戻る