親知らずの抜歯|世田谷区千歳船橋駅2分の歯医者|千歳船橋歯科

抜かない治療

マイクロスコープによる精密治療対応

予約優先制急患の方はまずご連絡ください

03-3425-4182

東京都世田谷区船橋1-11-2リシェスボヌール1F

親知らずの抜歯

親知らずの状態を確認してみましょう

親知らずの状態

親知らずは他の永久歯よりも遅れて生えてくるため、生えてくるスペースが十分でないと横や斜めに生えてきてしまうことも珍しくありません。また埋もれたままそれ以上の成長が見込めないといった状態の場合もあります。10代後半から20代前半に生えてくることが多く、すでに咬み合わせが完成している状態へ加わってくる歯となりますので、トラブルを引き起こしやすくなっています。親知らずの抜歯は他の部位よりも難しい治療となり、痛みや腫れが強くなってしまうことも少なくありません。治療中だけでなく抜歯後にも痛み止めが必要となります。奥歯のさらに奥に痛みや違和感を感じたら、歯科医院にて診察をしてもらうことをオススメします。

正常に生えている、生える見込みの親知らずは抜歯しなくても良い

抜歯しなくても良い親知らず

全ての親知らずを抜く必要はありません。正常に生えている、または生える見込みのある親知らずは、その後のケアが適切であればトラブルの原因となりませんので、残しておいて問題ありません。また残しておくことにより、他の歯を抜歯した際に自身の親知らずを再利用するといった治療法を行うことができます。以前は気になる親知らずは抜いてしまおうといった認識でしたが、現在では残すことができる親知らずは抜く必要はないという医師が増えてきました。

下記のようなトラブルの原因となりうる親知らずは抜歯を勧めます

様々な原因により親知らずは横や斜めに生えてきてしまうことがあります。また埋もれたままで顔を出さないといったケースも見られます。このような親知らずは痛みや腫れがあるだけでなく、歯茎や頬の内側を傷つけてしまう可能性があり、また咬み合わせのトラブルを招く可能性もありますので、抜くことをお勧めしています。生え始めた頃は自分では判断が難しいと思いますので、親知らずが生えてきていると感じたら、歯科医院にて生え方や状態を確認してもらうことをお勧めします。

智歯周囲炎の可能性が心配される場合

智歯周囲炎の可能性親知らずが正常に生えてこなかったり、成長が見込めない状態となると、歯磨きでケアすることが難しくなるため、細菌が繁殖して炎症を起こす可能性が考えられます。このような炎症を智歯周囲炎と呼び、痛みを感じるだけでなく歯茎が腫れて口が開けにくくなります。場合によっては出血や膿などを伴いますので、このような症状が心配される親知らずは抜歯を検討すべきと思います。

虫歯や歯周病となりやすい状態の場合

歯周病となりやすい状態親知らずは手前の歯に隠れるような形で生えてきますので、歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病のリスクが高めです。また親知らずの虫歯によって手前の歯まで虫歯にしてしまうことも考えられますので、ブラッシングが難しく虫歯や歯周病となりやすい状態と判断される際には、抜歯を検討すべきと思います。

歯並び・咬み合わせのトラブルが心配される場合

歯並び・咬み合わせのトラブルまっすぐに生えていない、また成長が止まってしまっている親知らずは、手前の歯へ強い圧力をかけている場合もあります。そのような場合、歯並びや咬み合わせに影響を与えることとなりますので、抜歯を検討すべきと思います。

痛みを抑えた親知らずの抜歯

親知らずの抜歯と聞くと痛いと思われる方がほとんどと思いますが、現在の治療方法では麻酔を施しての処置となるため、強い痛みを感じることはほぼ無くなりました。また麻酔注射についても表面麻酔や注射の方法によって痛みを緩和することができるようになっています。当院でも痛みを抑える処置を行っていますので、ご安心下さい。痛みの少ない治療のページはこちらから

複数の親知らずを一度に抜く時の注意点

時間と痛みの関係性抜歯自体、体への負担を伴うものとなるため、できることなら一度に複数の親知らずを抜くのは避けるべきですが、健康な方であれば上下2本を一気に抜いてしまっても体調への心配は大きくないと言われています。ですが左右の親知らずを一度に抜くとなると、食べ物を咬む歯が前歯のみとなってしまうため、十分な咀嚼ができなくなってしまいます。また糖尿病や高血圧のお薬などを服用されている方は、腫れが大きくなったり傷がふさがるのが遅くなることもありますので、一度に複数の親知らずを抜くのはお勧めできません。

強い痛みのドライソケット

ドライソケット親知らずを抜歯した部分には血が溜まって骨が露出するのを防いでくれます。ですが塞ぐのに十分な出血がなかったり、剥がれてしまうと骨が剥き出しの状態となり強い痛みを感じることとなります。このような状態をドライソケットと呼びます。現在の治療方法では抜歯後に縫うことで傷口を塞いだり、抜歯部分に人工コラーゲンを注入して剥がれにくくするなどの方法がとられることも多くなりました。舌で探ったり強くうがいをするとドライソケットとなる可能性が高くなりますので、抜歯後の注意点をしっかりと守って安静にすることをお勧めします。

親知らず抜歯後の口臭について

親知らず抜歯後に強烈な口臭が発生する場合があります。主に食べかすが抜歯した穴に溜まって細菌が繁殖することが原因で発生します。この時にベロで探ったりうがいをたくさんして食べかすを取ろうとすると血餅も剥がれドライソケットになる可能性があるので抗生物質を飲みながら、数日はマスク生活等で耐え忍んでいただくことをオススメしています。

世田谷区千歳船橋にて親知らずの抜歯をご検討の方はぜひ当院まで

親知らずの診断と抜歯

当院千歳船橋歯科では将来的な歯の健康や治療などを見据え、親知らずの抜歯について判断させて頂いております。親知らずを抜歯すべきではないとも考えておりますので、抜歯をご検討の方だけでなく、親知らずの状態を確認したいという方もお気軽にご相談頂ければと思います。

トップへ戻る